職員インタビュー

教習事業部

菅沼 正典

[2013年 新卒採用]
早稲田大学 国際教養学部卒

幅広い視野で、世界に誇れる「KENJI」ブランドを
発信していきたい。

静岡校の教習から始まって、いくつかの部署を経験させていただき、今は主に合宿生など県外からのお客様の募集に関わる営業活動に従事しています。ひとつの道を究めるのも大変素晴らしいことですが、新たな仕事に挑戦し続けるマルチプレイヤーだからこそ得られるスキルもあります。幅広い視野で学園の状況をとらえられるようになったのは、入校してから様々な部署を経験させていただいたからこそだと感じています。この仕事に就いてから見つけたやりがいは主にふたつ。ひとつは大学生など若い人たちと関わることで常に刺激を感じられるということです。自分が学生であったときに比べ、今の学生さんたちが考えていることはとても新鮮で、新しいものの見方を吸収できることはとても楽しく感じます。もうひとつは営業担当として自分が学園の顔となり、取引先と信頼関係を構築できるということです。自分の力で徐々に顔と名前を覚えてもらえることはやはり嬉しいですね。
この経験を活かし、社会から必要とされるようなサービスや商品を創り出し「KENJI」ブランドとして発信したいという新たな夢もできました。

就職も人との出会いと同じ。
一番合うと思える仕事を見つけてほしい。

学生時代から車が好きだったため、就職活動を始めた頃は自動車メーカーや工業メーカーを中心にエントリーしていました。いわゆる大企業と言われる会社の説明会やOB面接を受けていくうちに、そういった会社が本当に自分に合っているのか、自分が本当にやりたい仕事はなんなのか悩むようになりました。そんなある日、大学の就職掲示版で「自動車学校指導員募集」の文字を見つけました。今思えば新幹線に乗って静岡まで来て説明会に参加したのは、興味本位だったような気がします。しかし、そこで出会った当時の採用担当の方の明るい人柄と、役員の方の気さくさ、教習指導によって誰かの人生に深く関わる仕事ということに感銘を受け、気がつけば入社していました。この職場を選んで一番良かったと思うことは、常に「気にかけてもらえる」ということです。教習について面倒見のいい先輩がいたり、教習業務以外についても先輩や上司に気兼ねなく報告や相談ができたり。これらは当たり前に思えて、とても大切なことのように思います。これから就職を考えている人に伝えたいのは、人と出会って「この人とは気が合う」と感じるのと同じく、その会社に足を踏み入れた時に感じる雰囲気や印象はとても大切なものだということです。ぜひいろいろな会社に足を運び、多くの人と交流し、外見だけに囚われず、自分と一番相性が良いと思える素敵な企業と出会ってください。